ホーム > 就職 > 相場の上下動

相場の上下動

「スプレッド」とはFX投資は通貨を売り買いして儲けを上げる商取引です。

 

売買の注文の値はいつも上下しています。

 

それがレートです。

 

テレビのニュースをみていると、ドルやユーロの為替レートのニュースが流れることがあります。

 

例としてあげると、「本のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを示しています。

 

言い換えると、トレードには買値と売値の値段が存在する事を示しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で提示している業者もあったりします。

 

一般的に売値の方が安価に決定されています。

 

投資家が買値は高く、売値は安くなるものです。

 

この差分をスプレッドといい、FX業者の利益のひとつといわれています。

 

スプレッドの狭さは会社によって変化します。

 

スプレッドの幅は自分にとって経費になるので、低い業者をピックアップしたほうが得です。

 

ただ、同じFX会社でも状況によってスプレッド幅は変わります。

 

もしも通常時は円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの狭さであっても為替相場の動きがかなり大きい場合には3銭、4銭になったりします。

 

という訳で、スプレッドが小さいのと、固定しているということが必要です。

 

この頃では変わらないスプレッドを提示するFX取引会社も多数存在します。

 

実際にFX業者のトレード画面上で現実の相場を確かめなければ見分けられないのでやっかいですがとても重要なことです。

 

大切な資金を投資して取引をするのですから、本当の注文の前に、魅力的に思えた業者の新規口座開設を全てして表示されているスプレッドの狭さを実感しましょう。

 

同じ通貨のペアでもその時点の為替相場のボラティリティによって通貨ペアのスプレッドは変化します。

 

普通は、インターバンクで取引量の多くて、流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの幅が小さく残りの外貨ではスプレッド幅が広くなる事があります。

 


関連記事

  1. 相場の上下動

    「スプレッド」とはFX投資は通貨を売り買いして儲けを上げる商取引です。 &nbs...

  2. テスト

    テスト記事です。...